目覚めるために

アクセスカウンタ

zoom RSS 今ほどにこの怪しい革命家の言葉がフィットする時代はないのではないか

<<   作成日時 : 2015/09/11 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


内海 聡さんの写真
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=868775093206245&set=a.120998111317284.30721.100002212881426&type=1
内海 聡
今ほどにこの怪しい革命家の言葉がフィットする時代はないのではないか。単に社会主義であるないということにとどまらず、私たちは彼の言葉に耳を傾けねばならないのではないかと思う。

「どこで死に襲われようと、われわれの戦いの雄叫びが誰かの耳に届き、われわれの武器を取るために別の手が差し出され、他の人たちが立ち上がるのなら、喜んで死を受け入れよう。」

「国民に意思を伝えるためには、国民の一人となって感じなければならない。国民の欲するもの、要求するもの、感じるものを知らなければならない。国民の英雄たるもの、国民から遠くはなれていてはいけない。高い台座に上って、国民の生活と無縁なところにおさまるべきでない。」

「指導者とは、人が自分と同じところまで追いつけるように誘導するものだ。ただ言葉で強いるのでなく、後ろにいる人たちを力づけて、自分のレベルまで引き上げようとするのだ。」

「もし私たちが空想家のようだといわれるならば、救いがたい理想主義者だといわれるならば出来もしないことを考えているといわれるならば何千回でも答えよう。「その通りだ」と。」

「私はキリストではないし、慈善事業家でもない。キリストとは正反対だ。
正しいと信じるもののために、手に入る武器はなんでも使って戦う。自分自身が十字架などにはりつけになるよりも、敵を打ち負かそうと思うのだ。」

「人が革命家になるのは決して容易ではないが、必ずしも不可能ではない。
しかし革命家であり続けることは、歴史上に革命家として現われながらも暴君として消えていった多くの例に徴するまでもなく、きわめて困難なことであり、さらにいえば革命家として純粋に死ぬことは、よりいっそう困難なことである。」

「我らの人民は声を上げた、“もう十分だ”と。この偉大な人民の行進は、真の独立を勝ち取るまで続く。あまりにも多くの血が流されたからだ。代表の皆さん、これは、アメリカ大陸における新たな姿勢だ。我らの人民が日々上げている、叫び声に凝縮されている。」

「人は毎日髪を整えるが、どうして心は整えないのか」

「落ち着け、そしてよく狙え。お前はこれから一人の人間を殺すのだ。」

「アメリカにこんな目に遭わされておきながら、あなたたちはなおアメリカの言いなりになるのか。」

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今ほどにこの怪しい革命家の言葉がフィットする時代はないのではないか 目覚めるために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる