目覚めるために

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア、遺伝子組み換え食品禁止法、政府承認

<<   作成日時 : 2015/09/13 17:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


日本製のお醤油とか油とか味噌とか・・あとコンスターチの入っているものとかは、きっと輸出できなくなるのでしょうね。
北川 高嗣さんの写真
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=840518266041780&set=a.171097882983825.40151.100002508448098&type=1
北川 高嗣
GMO、BRICSの一角が陥落した。(2015_01_20, VR)

ロシア、遺伝子組み換え食品禁止法、政府承認

ロシア政府の法制局は遺伝子組み換え植物の栽培を禁止する法案を承認した。政府サイトで火曜、発表された。


「遺伝子組み換え植物および動物をロシアで(学術上の実験・研究を目的とする場合を除き)栽培、繁殖させることを禁止する法案が承認された」。
この法律によって、政府は遺伝子組み換え食品のロシアへの輸入を監視し、禁止する権限を手にする。また、許可なく遺伝子組み換え生物を利用した者に対しては行政責任が課せられる。
同法案は教育科学省が提出したもの。この後閣議にかけられる。
リア・ノーヴォスチ
」Source: http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_20/GM-food/

☆GMO受け入れ状況
EU:拒絶
ロシア:拒絶
アメリカ:訴訟中
アルゼンチン:拒絶へ移行中

☆制限及び、禁止の動き:
・アメリカ合衆国のカリフォルニア州の一部の地域
・オーストラリアの複数の州で一時的に禁止したが、今は解除されている。南部オーストラリアは今も禁止している。タズマニアでは2014年11月まで禁止している。
・日本は、キャノーラ油がGM油である。(飼料のトウモロコシや小麦などもGMと思われる。)
・ニュージーランドでは遺伝子組み換え穀物の栽培を禁止している。
・ドイツではGMトウモロコシの栽培と販売を禁止している。
・アイルランドでは、2009年に全てのGM穀物の栽培を禁止した。また、任意のラベル表示を求めている。
・オーストリア、ハンガリー、ギリシャ、ブルガリア、ルクセンブルグは、GMの栽培と販売を禁止している。
・フランスでは、モンサントの一部トウモロコシの使用は承認しているが、2008年にその栽培を禁止した。国民の反対によりGM食品の輸入はしていない。
・ポルトガルのマデイラ島では2011年に遺伝子組み換え穀物を禁止した。
・スイスでは、2005年にGM穀物、動物、植物の栽培を5年間禁止したが、今年まで延期されている。
・インドではGMナスだけ禁止している。I
・タイではGM賛成派と反対派が拮抗している。ハワイ産のGMパパイヤの試験栽培し、GM種が一面に広がってしまい穀物にまで影響を与えている。

☆GMO:2007, こういう状況だった。
・2007年の遺伝子組み換え作物(GMO)の栽培面積は前年比12%増加し、1億1,430万ヘクタールに達した。
・GMO栽培国にはポーランドとチリが加わり23カ国となった。生産者は1200万人に達し前年より200万人増加した。
・GMOの普及により穀物価格の高騰を沈静化、貧困や飢餓の軽減、農業による環境影響の低減などが期待される。
・開発途上国でGMOを栽培する世帯では、女性や子供が社会的恩恵を受けている。
2015年には40カ国、2億ヘクタールでGMOが栽培されると将来予測されている。

☆GMO, 2014の実情。
農民によるGMO作物拒否の結果、モンサントの利益は34%減

Mike Barrett
2015年1月13日
Natural Society

アメリカと世界中の作物大半の遺伝子組み換え作物に関与している巨大バイオテク企業のモンサントは、南米農民が、GMO作物を拒否する中、第一四半期の同社利益が34%減少したと発表した。これは、GMOの潜在的な危険性に気づいた人々や農民の数が増えつつあることの証拠でもある。


Shared from :遺伝子組換え食品なんかいらない (Open Group)

【写真】さすがプーチン、抑制が効いている。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシア、遺伝子組み換え食品禁止法、政府承認 目覚めるために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる