目覚めるために

アクセスカウンタ

zoom RSS 安保法案“最終局面” これから始まる「自公落選デモ」の破壊力

<<   作成日時 : 2015/09/15 14:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


2015年9月15日   日刊ゲンダイ
 最終局面を迎えて俄然、緊迫してきた「安保法案」をめぐる与野党の攻防。参院特別委は15日の中央公聴会に続き、翌16日に横浜市で急きょ、地方公聴会を開くことを決めた。鴻池委員長が野党側の要求を受け入れたのだが、これで安倍官邸がもくろんでいた「16日採決」は絶望的だ。それでも、政府・与党は「法案成立は既定路線」と、そのまま一気に本会議採決に持ち込む考えだ。「連休に入れば国民の怒りも収まる」とナメているのだろうが、てんで分かっていない。
 鴻池委員長が野党側に配慮せざるを得ないのもムリはない。特別委が中央公聴会で意見表明する「公述人」を公募したところ、過去10年で最多の応募者95人中、全員が「反対」だったからだ。
 中央公聴会の開催が決まったのは先週初めだ。それから数日間で100人近い応募者が反対意見を言いたくて「公述人」に殺到したのだ。この状況自体が異例だし、それだけ国民の怒りが頂点に達している証左と言っていい。慌てた与党は、例によって法案賛成の御用学者を国会に招致する予定だが、おそらく地方公聴会も同じ状況になる。もはや「安保法案」に対する国民の意思はハッキリしているのだ。

 それなのに自民の谷垣幹事長は「金曜夜には仕事帰りのデモ参加者が多い。採決は平日の明るい時間に」なんて言っている。法案さえ通せばオシマイのような口っぷりだが、冗談じゃない。「安保反対デモ」は、これから本格的な「自公落選デモ」に変わるのだ。
「安保反対デモには、学生やお年寄り、女性、学者、芸能人……など多くの人が参加しています。イデオロギーも党派も全く関係ない純粋な気持ちで集まったフツーの人たちです。自公は『数の力がある』とカン違いしているようだが、国内でもっとも多いのは『無党派層』。つまり、こうしたフツーの人たちです。安倍政権は安保法案のゴリ押しによって、無党派層を完全に敵に回したのです」(霞が関事情通)
 主権者である国民の意向を無視した暴政に対する“反撃”の手段は「落選運動」しかない。公選法でも、単に特定の候補者の落選のみを図る行為であれば選挙運動に当たらない、とされている。ネット、集会、デモなどさまざまな活動を通じて自公議員の「落選」を呼びかければ拡大するのは間違いない。九大名誉教授の斎藤文男氏(憲法)はこう言う。
「憲法の制定権は主権者である国民にあります。それを無視して何が何でも違憲の安保法案を通そうとする安倍政権は独裁政治そのもの。仮に法案が成立しても、好き勝手に運用できないよう政府、与党議員を追い詰めることはできるのです」
 自公が国民の怒りを身に染みて感じるのはこれからだ。

=============================
自公議員は無党派層を敵に回した(C)日刊ゲンダイ



安保法案反対 希望のまち東京in東部記録
枕石堂
林田力

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 安保法案反対 希望のまち東京in東部記録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日本を戦争する国にしてはいけない 違憲安保法案「ねつ造」の証明
ぐるぐる王国 楽天市場店
小西洋之/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名WAVE出版出

楽天市場 by 日本を戦争する国にしてはいけない 違憲安保法案「ねつ造」の証明 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安保法案“最終局面” これから始まる「自公落選デモ」の破壊力  目覚めるために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる