目覚めるために

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛乳はとても嫌いw

<<   作成日時 : 2015/09/15 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


内海 聡

牛乳はとても嫌いw
私は子どものころから牛乳がとても嫌いで、味から何からまずすぎて無理という感じでした。その後いろいろ調べてその本能は間違っていなかったとわかりましたが、では牛乳はどの点で悪いのでしょうか。いわゆる乳業体制側の理屈は重要な点をいくつか隠しているのですが、昨今牛乳批判論が強くなってきたことにより、牛乳擁護論がまた幅を利かせているという不具合になっています。これについては考察してみる必要があります。
昨今の牛乳擁護論ではホルモン剤や構成物質や妊娠のさせ方など、そちらが重要な問題であるという視点です。これ自体は一理ありながらもワクチンマニアと一緒なのですが、世界の骨を弱くするという牛乳考察や癌や病気を作るというデータ、哺乳類だから牛乳を離乳後に飲むのはおかしいという理屈とともに、私が牛乳を批判する理由はあと三つあります。簡単にいうと適応、社会論、そして牛乳が持つエネルギーなのですが、こちらはネットでは書かないようにしますw。
ただ、私が○○食とかを推奨していないことや、なんでも食べろという雑食推奨であることを考えれば、牛乳も飲みたい人は自己責任で飲んでもらえばよく、嗜好品であるという立場は牛乳否定者の中にも存在します。私も良質のチーズやバターは使いますし、洋食を食べに行くときもありますから、私自身食べていないわけではありません。主義的に私はノンホモでも反対派ですが、まずは体に良いという保健士や教師たちの嘘について、それ以上に社会的考察によって反対しています。
牛乳だけでなく山羊のミルクもそうですが、世界には食料が入りにくい土地柄があります。その土地や文化においては乳製品や乳発酵製品は貴重な食料であり、乳製品の持っている弊害を考慮しても意味がある上に、彼らは体を適応させてきたという歴史があります。またこのような食品を摂るのとセットで、ほかの食品の相性を考えてきたということが重要であり、それが人類が料理という点で発達させてきたことでもあります。
ま、単に誰かの影響を受けて牛乳を飲まないと考えた人は、牛乳のどこに問題があるのかを考察することが重要で、給食やスーパーの牛乳をいかに避けるのか、世界で乳発酵食品が多い理由はなんなのか、菜食者が牛乳を避ける栄養学的理由は何か、糖質制限食者が牛乳を勧める理由の裏側はなにか、そこまで考えてみることです。そして日本内で生物学的に許容できる牛乳を探すのはかなり苦労なので、自信がある人以外は飲まないことをおススメしますw。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
牛乳はとても嫌いw 目覚めるために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる