目覚めるために

アクセスカウンタ

zoom RSS 「NOを突きつける」

<<   作成日時 : 2015/09/16 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


「NOを突きつける」
国会前デモが激しくなってきたが、デモは民主主義の具申手段ではない。だが、前にも書いたが、間接民主制であるはずの議会制民主主義自体が信頼を失墜させているのだから、力でねじ伏せられる国民の意思を議会に届けるには、今やデモくらいしかないのかもしれない。
ただ、マスコミが安倍政権擁護から批難へと変わって来たとすると、恐らくだが、政権交代を画策する別の力が働き始めたようにも感じる。その力によって反対運動をする者が表に引き出され、やがて政権交代が実現するとしたら要注意である。それは、ガス抜きの可能性があるからだ。
実現しなきゃいけないのは政権交代ではなく、法制撤回である。政治家というのは、政権という座を一度でも手に入れれば、自分の利権に好都合な法案や規則を作って、あとはスカしっぺごとく政界から逃げ出し、安泰した老後を手に入れ、利権を子孫に残せばいいと思ってるフシがある。
過去の政治家はそうだった。だから、安倍政権を敵にするのではなく、法制撤回に持って行けた方がいい。じゃないと、恐らく法制が通ったところで安倍政権は引退し、次の政権は、決まった以上、それを国民から少しでも理解が得られるように手直しして幕引きにする可能性がある。
デモは必要だと思うが、NOを突きつける相手は、法制賛成票を持つ地元の議員に対してではないだろうか。もし賛成するなら、地元の代表としては国会には送り出さないという、毅然とした態度を見せることが重要だ。それが議会制民主主義というものだからだ。
※地元の議員に手紙を出そう。そして、選挙は必ず行こう。
※国会議員連絡先一覧
http://rpj-action.jimdo.com/国会議員の連絡先/

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「NOを突きつける」 目覚めるために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる