目覚めるために

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党の皆さん、起きてください

<<   作成日時 : 2015/09/16 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=p0fGJhFjgyU

「あのー、すいません、こんなことを言うのは大変申し訳ないんですが、さきほどから寝ている方がたくさんおられるので、もしよろしければ、お話を聞いていただければと思います。」
で始まった、SEALDsの奥田氏の中央公聴会弁論。

大人の皆さん、恥ずかしくはありませんか?


北川 高嗣さんの写真
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=962836513809954&set=a.171097882983825.40151.100002508448098&type=1
北川 高嗣
ははは、

◾自民党の皆さん、起きてください。
「あのー、すいません、こんなことを言うのは大変申し訳ないんですが、さきほどから寝ている方がたくさんおられるので、もしよろしければ、お話を聞いていただければと思います。」

で始まった、SEALDsの奥田氏の中央公聴会弁論。

◾抗議行動は東京の国会前で行われているのではない。
【日本全国で2000カ所以上、数千回を超える抗議が行われています。
 累計して130万人以上の人が路上に出て声を上げています。】

◾今の世論(安保法制反対)を作り上げたのは、紛れもなく自民党。

◾党員である前に、一人の人間であれ。

「今日、私が話したいことは3つあります。

・ひとつは、いま、全国各地でどのようなことが起こっているか。人々がこの安保法制に対してどのように声を上げているか。

・ふたつ目は、この安保法制に関して、現在の国会はまともな議論の運営をしているとは言いがたく、あまりに説明不足だということです。端的に言って、このままでは私たちは、この法案に対して、到底納得することができません。

・みっつ目は、政治家の方々への私からのお願いです。

●「危機感を抱いた若い世代が動き始めた」
まず第一にお伝えしたいのは、私たち国民が感じている、安保法制に関する大きな危機感です。

この安保法制に対する疑問や反対の声は、現在でも日本中で止みません。つい先日も、国会前では10万人を超える人が集まりました。

しかし、この行動は何も、東京の、しかも国会前で行われているわけではありません。

私たちが独自にインターネットや新聞で調査した結果、【日本全国で2000カ所以上、数千回を超える抗議が行われています。累計して130万人以上の人が路上に出て声を上げています。】」

「いま、これだけ不安や反対の声が広がり、説明不足が叫ばれる中での採決は、そうした思いを軽んじるものではないでしょうか。

【70年の不戦の誓いを裏切るもの】ではないでしょうか。

いまの反対のうねりは、世代を超えたものです。70年間、この国の平和主義の歩みを、先の大戦で犠牲になった方々の思いを引き継ぎ、守りたい。その思いが私たちをつなげています。

私は今日、そのうちのたった一人として、ここで話をしています。つまり、国会前の巨大な群像の中の一人として、国会に来ています。」

◾今の世論(安保法制反対)を作り上げたのは、紛れもなく自民党。
「SEALDsはたしかに注目を集めていますが、現在の安保法制に対して、その国民的な世論を私たちが作りだしたのではありません。もしそう考えておられるのでしたら、それは残念ながら過大評価だと思います。

私の考えでは、この状況を作っているのは、紛れもなく現在の与党のみなさんです。

つまり、安保法制に関する国会答弁を見て、首相のテレビでの理解しがたい、たとえ話をみて、不安に感じた人が国会前に足を運び、また全国各地で声を上げ始めたのです。」

◾党員である前に、一人の人間であれ。
「《みっつ目は、政治家の方々への私からのお願いです。》

●「グループに属する前に、一人の個であってください」
最後に、私からのお願いです。SEALDsの一員としてではなく、個人としての、一人の人間としてのお願いです。

どうかどうか、政治家の先生たちも、個人でいてください。政治家である前に、派閥に属する前に、グループに属する前に、たった一人の個であってください。自分の信じる正しさに向かい、勇気を出して孤独に思考し、判断し、行動してください。みなさんには一人ひとり考える力があります。権利があります。

政治家になった動機は人それぞれ、さまざまあるでしょうが、どうか、政治家とはどうあるべきなのかを考え、この国の民の意見を聞いてください。勇気を振り絞り、ある種の賭けかもしれない、あなたにしかできない、その尊い行動を取ってください。日本国憲法はそれを保障し、何より日本国に生きる民、一人ひとり、そして私は、そのことを支持します。」
Source:
全文はこちらから:弁護士.COM
http://www.bengo4.com/internet/n_3690/

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党の皆さん、起きてください 目覚めるために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる