目覚めるために

アクセスカウンタ

zoom RSS お金持ちになりたかったら♪

<<   作成日時 : 2015/09/09 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=867815296635558&set=a.120998111317284.30721.100002212881426&type=1
内海 聡
お金持ちになりたかったら♪

こういうセミナーやビジネス本がよく出回ってますが、だいたいは噓ばかりだということになるのでしょうね♪。だいたいこれだけ発刊されてて実践すれば、日本はアベノミクスの逆で大金持ちがもっといっぱいに・・・♪。ま、それはいいですが、お金持ちになれる方法、お金持ちと小金もちと貧乏人の差について考えてみましょう♪。

よくお金持ちになれない人は口だけだとか、お金に執着するとか、他力本願でお金をもらおうとするとか、貯金好きとか、目標が低いとか、流行ものに飛びつくとか、いろいろ言われますがきっと違うんでしょうね♪。貧乏人の目から見てもお金持ちの行動形態や大金持ちの支配者層は、まったくそんなレベルで考察していないのがわかります♪。こういうのは小金持ちと貧乏人の考え方の違いくらいでしかありません♪。

確実に言えるのは貧乏人は時給にこだわるのが特徴です♪。1000円と1200円の差で喜びを感じるからずっと貧乏だということになります♪。小金持ちは自分でビジネスをしたり、良いものを作ることで雇われずに収入を得たり、国のシステム(たとえば健康保険とか)から金を盗むのが上手です♪。また貧乏人は同じ場所に向かう時にけちって電車に乗りますが、小金持ちは時間の短縮やほかのメリットを考慮するので、値段よりも価値でどうするか選びます♪。

また貧乏人はとにかくお金と仕事の楽さや目先を見ますが、小金持ちは人間関係がお金であると考えますし、あとで帰ってくると考えます♪。一時のお金よりも技術や知識の方がより後で金になると考えますし、そのために目先より自分を高めることを考えます♪。しかし実はこれはまだ小金持ちと貧乏人の違いに過ぎません♪。しょせん「彼ら」からしたら奴隷思想であり、カスどもの中で奴隷争いさせるために刷り込んだ方法論です♪。

では、一番お金持ちになれるのはどうするか、一番は悪魔に魂を打っちゃうことです♪。運命と道理に従えば金が落ちてくるという発想は、まだ「彼ら」に言わせると奴隷の発想で、あと重要なことはいかになにもしないで金が集まるようにするかを考えます♪。働いて金を稼ぐというのは小金持ちの発想で、税金や年金や中間マージンやみかじめや利息など、集金システムを作ってしまうことから始めます♪。不労収入が当たり前なのです♪。

そしていいものが売れるとか、社会のニーズに合わせてビジネスを変化させるとか、お金持ちになれる人はそういうふうには考えません♪。印象は操作するもの、ブームは自分たちで嘘から作るもの、政治家はちょっとした小遣いで転がしとくもの、だから戦争ビジネスと大金持ちが生まれるのです♪。あなたがこんな金持ちになりたいかどうかは自分次第ですが、勝ち負けという観点で考えるならこの上をいかないと無理です♪。そして金の価値観を人類が捨てない限り、地球は悪魔帝国のままでいてくれるでしょう♪。



金持ち父さん貧乏父さん
筑摩書房
ロバート キヨサキ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金持ち父さん貧乏父さん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

貧乏はお金持ち [ 橘玲 ]
楽天ブックス
「雇われない生き方」で格差社会を逆転する 講談社+α文庫 橘玲 講談社発行年月:2011年03月 ペ

楽天市場 by 貧乏はお金持ち [ 橘玲 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]
楽天ブックス
アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 ロバート・T.キヨサキ 白根美保子 筑摩書房BKSCPN_

楽天市場 by 金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お金持ちになりたかったら♪ 目覚めるために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる