目覚めるために

アクセスカウンタ

zoom RSS 「許せない」という思いを手放したとき、ものの見方が変わる

<<   作成日時 : 2018/01/03 01:58  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「許せない」という思いを手放したとき、ものの見方が変わる



この本は1997年初版で、手元にあるのは2002年5刷です。最初に手にしてからすでに15年も経つのですね。

感慨深いです。



著者でビジョン心理学を創始したチャック・スペザーノ博士はベトナム戦争帰りのアメリカ兵の多くが心を病み、うつや心的外傷後のフラッシュバックなどを経験していることから、新しい視点に立ったこの心理学で自殺やアルコール中毒に陥るのを救ってたということです。



日本では1995年1月17日に阪神淡路大震災があり、多くの方々が一瞬にして生活の基盤を失い、身内や頼れる人を亡くし、数年後急ピッチで街は復興していったけれども、心はまるで戦争帰りのアメリカ兵のようにうつや、フラッシュバックで苦しむ人が多くいました。

当時の日本では心のケアに携わるカウンセラーの絶対的不足がありました。神戸で誕生したカウンセラー養成講座はこの新しいビジョン心理学を取り入れたものでした。



当時この講座に興味のあった私は説明会に赴いたのですが、そこで、「車椅子のカウンセラー」長谷川氏に対面し分けも分からず打ちのめされて逃げ帰った記憶があります。



それから「30日間で理想のパートナーを見つける法」のワークをボロボロ泣きながら行い、自分のインナーチャイルドを癒していきました。

その後他の「30日間シリーズ」も読み、この本『傷つくならばそれは「愛」ではない』を恐る恐る読み始めたのが2003年ごろだったと記憶しています。



さて今日はその3日目なのですが、まるで前日わたしが書いたことに対し翌日がそのテーマになるという・・・



1日 愛とは何ぞやと書きました。エーリッヒ・フロムはその著書「愛するということ」のなかで「愛とは技術である」と書いています。

2日 それがたとえ愛を求める叫びだとしても「いじめ」は許されない行為だと書きました。

今日は「許し」がテーマでしょうか?



 許すことで、あなたはまず、自分がはまり込んでいた「被害者」という立場から解き放たれます



許せない思いを抱きしめている時この言葉は到底理解しがたく感じることでしょう。

許せないという思いは「許す」ともっと酷い目に合うという恐れとともに、相手を裁く思いでもあります。



そこから一歩離れ、状況を客観的に見れば許せな相手がいるのではなく許せない行為があるのだということがわかります。



そうはいっても、それが易々とできるくらいならこんなに苦しんだりしません。

ええ、そうですとも。許せないものは許せません。

でもそれはあなたの心の中で起こっている自分と誰かの闘いではありませんか?



犯罪者がいます。その人は罪を負って裁かれ服役しています。

あなたは裁判官で、その犯罪者を何度も何度も裁き、牢獄へと押し込めようとします。



許せないという思いは心の中でこのような闘いをしているようなものです。

この闘いのゲームはやがてあなたの体を蝕むことになります。

なぜなら、常にアドレナリンが出続けている状態だからです。



 あなたの病気やけがについて意識を向けてください。病気やけがの背後には、誰かを許さないことを選択した、ある状況がひそんでいます。



「天がこの人を生かしているのは、天がこの人を許しているからだ。天が許したのだからわたしの意に関することではない」 最終的に許せない時、私はこんなふうに考えるようにしています。




愛するということ 新訳版
紀伊國屋書店
エーリッヒ・フロム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 愛するということ 新訳版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「許せない」という思いを手放したとき、ものの見方が変わる 目覚めるために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる